音楽が好きなので、私のブログにはよく印象的だった音楽が出てきます。
知らない音楽を新たに知るってだいすき!
だからラジオもだいすきです。

これからもたびたび曲が出てくるかもしれないけど、
これを読んでくださる方が、知らなかった曲を知るきっかけになったり、
知っている方も、もう一度聞き返すきっかけになったらうれしいです。

今日の話で私が思い浮かべる1曲は
星野源くんの「ばらばら」

最近周りで起きた事、友達から聞く話で感じたこと。

これは、またもや仕事でも恋愛でも言えること。

開き直ったもん勝ちで惚れたもん負けだなって。

なんてゆうか、こうゆう風に思ってがっかりすると同時に、
こういう風に考えれば、誰も悪くなくて、やっぱり自分を幸せにするのは自分次第だなと思います。

もう自分が出来上がっている大人が、
思考や生活や行動を自分の意思ではなく、他人に合わせて変えるということは、もう出来ないと思った方が良いと思う。

10代~ハタチそこらで、まだ成長過程のふたりだったらまだしも、
アラサー、もしくはアラフォー。
もう自分も相手も確立しているんです。

今更、連絡の頻度、会う頻度、距離の取り方、無理矢理変えることはできないと思う。
それを自分に合わせて変えろって言う方が傲慢。=それは開き直り。

自分こうゆうふうにしか生きられません!
今までこうやって生きてきたんだもん。
あなたが合わせてよ

開き直りです。

だけど、それを、「本当はイヤだけど受け入れる」ことがある。
それは「その人に惚れてしまっている人」。

惚れているから仕方ないんです。
好きだから相手の希望を叶えたい。相手が幸せな状態でいてほしいから。
自分さえ我慢すればこの幸せが壊れないのなら、我慢だってなんだってする。

どんな風に思ってそれを受け入れるのかはそれぞれだと思うけど、
もちろんポジティブな、自分になかった価値観を受け入れるってゆうのは素敵なことだと思うけど、
時には「本当はイヤだ」という時がある。
それでも受け入れるのは、惚れてしまっているから仕方なくでも受け入れられる。

もちろん、自分はこうしてほしい!という意見は絶対言った方がいい。
前にもかいたけど、本当に自分が思っていることを相手にぶつけた時に、
相手がどういう対応をするかによってその人との相性が分かると思うから。

その時の反応、対応が、自分のしてほしいことをしてくれてしてほしくないことをしない人かどうか。
相性のいい人を見極めるとても重要な判断基準だと思っています。

だけど、そうやって相手に問題・意見をぶつけても、ぶつけてもぶつけても、
全く変わらないんだったら、

もう変わらないと思う。

「だって、俺ってこういう人なんだもん」

って言われてるのと同じ。
口ではきれいごとをいっぱい言うかもしれない。それに惑わされたりもするかもしれない。
でも、変わらないのは開き直ってるのと同じ。それにはもう敵わないよ!

だってその人はそうやって何十年と生きてきたんだもん。
多分これからもそういう人だと思う。

それでも、その人を受け入れる覚悟、自信が、自分にはあるのか?

ということ。
そういう、その人を受け入れる、
そういう、その人と一緒にいるって、
決めるのは自分だから。
だから相手は別に何も悪くない。

ただ自己紹介してくれてるだけ。

ぼくってこういう人なんでーす

ってね。

「本当はこうしてほしい」の思いを飲み込んで、それでも一緒にいるということを決めるのもいいと思う。

これが惚れたもん負け。仕方ない!

みんなもちろん理想があるし、

私がこの人を変えられるかもしれない!
どうしてもあきらめきれない!
だって他の部分はいいんだもん~!

と思う人もいるかもしれない。

うーん。。がんばれるだけ、がんばってみては?としか言いようが無い。
そうやってがんばっている自分に幸せを感じられていれば、いいと思います。
でもそうやって悪戦苦闘しているの自分を不幸と感じるのならば、
受け入れるか、潔くやめるか。だと思います。
その判断をするのは自分です。
自分の幸せを決めるのは自分なのです。

恋愛においてもそうだし、
仕事においても同じ事が言えると思います。

どんなに文句があって、一生懸命かけあっても、

「うちの会社、こーゆう会社ですから」

と開き直り、なんならクレームを言っている人に逆切れする。

あんた浮気してるでしょ!
というクレームをいっても、

「君がかまってくれないから、浮気させた君が悪い」

と開き直り、逆切れする人がいると聞いたことがあります。

もうこうなると、呆れるし、怒りすら消えるし、もうアッパレ!

あ、なるほど。わかりました!
そちらは変わらないのですね!じゃあこっちがどうするかですよね!了解でーす!

ってなった方が楽だと思う。

人は(基本的に)変わらないと思うのです。

でも、それを踏まえて、ポジティブに物事考えれば、とーっても楽になると思うんです。

大好きな星野源くんの歌で、ハッとする歌詞シリーズ。

気が合うと、見せかけて
重なり合っているだけ
本物はあなた わたしは偽物

世界はひとつじゃない
ああ もとより ばらばらのまま
ぼくらは ひとつになれない
そのまま どこかにいこう

あの世界とこの世界
重なり合ったところに
たったひとつのものが
あるんだ

「ばらばら」
という歌。

もーまさに前回私がブログに書いた内容を言っている!

ほんとに源くんとは分かり合えるなあ!
すき。

人は変わらない。

世界はひとつにならない。

そのチガイ、距離があった上で、一緒にいられるっというのが、

思いやりであり、信頼なんじゃないかと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ばかのうた [ 星野源 ]
価格:2688円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)


/wp-content/uploads/2016/08/IMG_1646.jpg/wp-content/uploads/2016/08/IMG_1646-150x150.jpgリコ恋愛考察音楽が好きなので、私のブログにはよく印象的だった音楽が出てきます。 知らない音楽を新たに知るってだいすき! だからラジオもだいすきです。 これからもたびたび曲が出てくるかもしれないけど、 これを読んでくださる方が、知らなかった曲を知るきっかけになったり、 知っている方も、もう一度聞き返すきっかけになったらうれしいです。 今日の話で私が思い浮かべる1曲は 星野源くんの「ばらばら」 最近周りで起きた事、友達から聞く話で感じたこと。 これは、またもや仕事でも恋愛でも言えること。 開き直ったもん勝ちで惚れたもん負けだなって。 なんてゆうか、こうゆう風に思ってがっかりすると同時に、 こういう風に考えれば、誰も悪くなくて、やっぱり自分を幸せにするのは自分次第だなと思います。 もう自分が出来上がっている大人が、 思考や生活や行動を自分の意思ではなく、他人に合わせて変えるということは、もう出来ないと思った方が良いと思う。 10代~ハタチそこらで、まだ成長過程のふたりだったらまだしも、 アラサー、もしくはアラフォー。 もう自分も相手も確立しているんです。 今更、連絡の頻度、会う頻度、距離の取り方、無理矢理変えることはできないと思う。 それを自分に合わせて変えろって言う方が傲慢。=それは開き直り。 自分こうゆうふうにしか生きられません! 今までこうやって生きてきたんだもん。 あなたが合わせてよ 開き直りです。 だけど、それを、「本当はイヤだけど受け入れる」ことがある。 それは「その人に惚れてしまっている人」。 惚れているから仕方ないんです。 好きだから相手の希望を叶えたい。相手が幸せな状態でいてほしいから。 自分さえ我慢すればこの幸せが壊れないのなら、我慢だってなんだってする。 どんな風に思ってそれを受け入れるのかはそれぞれだと思うけど、 もちろんポジティブな、自分になかった価値観を受け入れるってゆうのは素敵なことだと思うけど、 時には「本当はイヤだ」という時がある。 それでも受け入れるのは、惚れてしまっているから仕方なくでも受け入れられる。 もちろん、自分はこうしてほしい!という意見は絶対言った方がいい。 前にもかいたけど、本当に自分が思っていることを相手にぶつけた時に、 相手がどういう対応をするかによってその人との相性が分かると思うから。 その時の反応、対応が、自分のしてほしいことをしてくれてしてほしくないことをしない人かどうか。 相性のいい人を見極めるとても重要な判断基準だと思っています。 だけど、そうやって相手に問題・意見をぶつけても、ぶつけてもぶつけても、 全く変わらないんだったら、 もう変わらないと思う。 「だって、俺ってこういう人なんだもん」 って言われてるのと同じ。 口ではきれいごとをいっぱい言うかもしれない。それに惑わされたりもするかもしれない。 でも、変わらないのは開き直ってるのと同じ。それにはもう敵わないよ! だってその人はそうやって何十年と生きてきたんだもん。 多分これからもそういう人だと思う。 それでも、その人を受け入れる覚悟、自信が、自分にはあるのか? ということ。 そういう、その人を受け入れる、 そういう、その人と一緒にいるって、 決めるのは自分だから。 だから相手は別に何も悪くない。 ただ自己紹介してくれてるだけ。 ぼくってこういう人なんでーす ってね。 「本当はこうしてほしい」の思いを飲み込んで、それでも一緒にいるということを決めるのもいいと思う。 これが惚れたもん負け。仕方ない! みんなもちろん理想があるし、 私がこの人を変えられるかもしれない! どうしてもあきらめきれない! だって他の部分はいいんだもん~! と思う人もいるかもしれない。 うーん。。がんばれるだけ、がんばってみては?としか言いようが無い。 そうやってがんばっている自分に幸せを感じられていれば、いいと思います。 でもそうやって悪戦苦闘しているの自分を不幸と感じるのならば、 受け入れるか、潔くやめるか。だと思います。 その判断をするのは自分です。 自分の幸せを決めるのは自分なのです。 恋愛においてもそうだし、 仕事においても同じ事が言えると思います。 どんなに文句があって、一生懸命かけあっても、 「うちの会社、こーゆう会社ですから」 と開き直り、なんならクレームを言っている人に逆切れする。 あんた浮気してるでしょ! というクレームをいっても、 「君がかまってくれないから、浮気させた君が悪い」 と開き直り、逆切れする人がいると聞いたことがあります。 もうこうなると、呆れるし、怒りすら消えるし、もうアッパレ! あ、なるほど。わかりました! そちらは変わらないのですね!じゃあこっちがどうするかですよね!了解でーす! ってなった方が楽だと思う。 人は(基本的に)変わらないと思うのです。 でも、それを踏まえて、ポジティブに物事考えれば、とーっても楽になると思うんです。 大好きな星野源くんの歌で、ハッとする歌詞シリーズ。 気が合うと、見せかけて 重なり合っているだけ 本物はあなた わたしは偽物 世界はひとつじゃない ああ もとより ばらばらのまま ぼくらは ひとつになれない そのまま どこかにいこう あの世界とこの世界 重なり合ったところに たったひとつのものが あるんだ 「ばらばら」 という歌。 もーまさに前回私がブログに書いた内容を言っている! ほんとに源くんとは分かり合えるなあ! すき。 人は変わらない。 世界はひとつにならない。 そのチガイ、距離があった上で、一緒にいられるっというのが、 思いやりであり、信頼なんじゃないかと思います。 ばかのうた 価格:2688円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)生活や趣味、仕事に役立つ確かな情報をその道の専門家(エキスパート)が発信しています。
リコ

リコ について

湘南生まれ。結婚3年目都内在住。 とにかく人の恋路が気になって仕方ない頭の中がSEX AND THE CITYなアラサーOL。好きなものは、飲酒・恋バナ・いわゆるサブカル。恋愛絡みの学びや発見、ふつうの毎日がちょっとウキウキするような情報を発信していきたいです!

この記事のあとによく読まれています

新婚セックスレスあるある早く言いたい~ついに原因解明~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~ついに原因解明~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~夫たちの言い分とは~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~夫たちの言い分とは~

シング・ストリート~過去には戻れないけど、未来は来る!~

シング・ストリート~過去には戻れないけど、未来は来る!~

付き合ってすぐに音信不通?こじらせと言う名の現代病【回避依存症】

付き合ってすぐに音信不通?こじらせと言う名の現代病【回避依存症】

くだらないの中に~心地良い距離KEEP!~

くだらないの中に~心地良い距離KEEP!~

ストーカーと一途は紙一重~彼に結婚したいと思わせるには?~

ストーカーと一途は紙一重~彼に結婚したいと思わせるには?~