今日のおはなしは、幸せへの第一歩としてわたしが最も大切だと思っていることについて。

幸せへの第一歩としてもそうだし、
どんな場面でも通ずることだとおもうので、人生において一番大切かも。

それは「自己分析」でございます。

わたしは、昔から自己分析が大好きです。

でもそれって一人でただただ部屋に閉じこもっていては出来ないこと。

外へ出て、誰かに会って、話を聞いたり、話をしたり、
いろんな環境に行って、いろんな出来事があって、

それをその度に噛み締める。消化する。

そうすることによって、自分を知る。これはとても大切なことだと思っています。

わたしが自己分析をしはじめたのは、
大学に入ったときでした。

小学校から高校まで同じ学校へ通い、周りの友達はみんな同じ環境で育った似た者同士。

みんな姉妹みたいに心を許せて、それが当たり前のように、すっごく心地よい環境でした。

だから、大学に入った時、
久しぶり(小学校一年生以来)に新しい環境になり、新しい友達に会ったとき、

カルチャーショックだったこと、自分と他人の違い、自分の性質、譲れないところ

などなど、今まで知らなかった自分のことを知る事になりました。
それは良い意味でも悪い意味でも。

そりゃもちろん高校までの友達だってちがうところがあって、
良くも悪くもそれを感じる場面はあったのだけれど、

大学に入って感じる他人との違いは、
それ以上の衝撃があった。

チガイを目の当たりにした時、

あー自分が今まで当たり前だと思ってた事って実は当たり前じゃなかったんだな。
自分のものさしで測っちゃだめなことって結構あるんだな。

あーこの子こーゆうことしちゃうんだ、そーゆうの平気なんだ、恥ずかしいと思わないんだ。
わたしはやらない子でよかったな。お育ちって重要なんだわ。

育ってきた環境がちーがうから~あぁ~・・

と思い、通っているときは嫌いだった自分の出身校て、すばらしかったんだな!!!
あのときのあの先生が言ってたことってこーゆうことだったんだ!!!

と、自分と大きくちがう人を見る事で自分のことを知れて、
自分の価値観を大切にしよう。と思った。

そして、高校までの友達もみな同じ事を言っていた。
だから、今までそこまで仲良くしてなかった子とも、
高校を卒業してからの方が仲良くなったし、絆が深くなった。

もちろん大学でもとっても素敵な大好きな友達に出会えて、
わたしは今までの人生で一番笑っていたのは大学時代だと思っています。
あんなに楽しい時代をあの子たちと過ごせて本当に本当によかったって思う。

そんなこんなで、わたしが自分について深く分析し始めたのは大学の頃からでした。

自己分析をして、自分を知って、

自分の絶対譲れないポイント
自分はこういう状態が幸せ
自分はこういう状態が不幸せ

というのをまず知る事が、幸せへの第一歩だと思います。

これがわかっている人って、
軸がしっかりしていて、考えや意見をちゃんと持っていて、自分を客観視できる人。

そういう人は、問題に直面したときに、自分にとって正しい判断が出来ると思う。
自分がどうすべきかの正解を導きやすいと思うのです。

可哀想な自分にならない。

そしてやっぱりそういう人って見ていて魅力的だってわたしは思います。
自分の意見がなくて、いっつもふわふわ流されて何が幸せなんだかわかんなく見える人より。

自己分析が出来ている人って、

自分の可愛がり方が上手い人

だとも思います。

特に自分の可愛がり方が際立って上手い人って、
友達の中で思い浮かぶ子が2人ほどいるんだけど、そのうちの一人の子がいってた言葉にすごく感動したことがあった。

その子は年下の子で、10代の終わり頃に出会ったRちゃん。

その子と話していたとき、わたしが、

「この前自分のハタチの時の写真見てたんだけどさー、やっぱ若いってかわいいね!輝いてたもん、なんかわかんないけど!年とったんだなと思ったよ~
Rちゃんはいくつの時の自分が輝いてたと思うー?」

と聞いたら、

「わたしはいつも、今の自分が一番輝いてるって思う!」

と言ったのです。

「え・・何それステキ詳しく聞かせて!」

 

続きはまた明日…!


/wp-content/uploads/2016/02/shared-img-thumb-PAK85_deskshiryou20131223_TP_V.jpg/wp-content/uploads/2016/02/shared-img-thumb-PAK85_deskshiryou20131223_TP_V-150x150.jpgリコ恋愛考察今日のおはなしは、幸せへの第一歩としてわたしが最も大切だと思っていることについて。 幸せへの第一歩としてもそうだし、 どんな場面でも通ずることだとおもうので、人生において一番大切かも。 それは「自己分析」でございます。 わたしは、昔から自己分析が大好きです。 でもそれって一人でただただ部屋に閉じこもっていては出来ないこと。 外へ出て、誰かに会って、話を聞いたり、話をしたり、 いろんな環境に行って、いろんな出来事があって、 それをその度に噛み締める。消化する。 そうすることによって、自分を知る。これはとても大切なことだと思っています。 わたしが自己分析をしはじめたのは、 大学に入ったときでした。 小学校から高校まで同じ学校へ通い、周りの友達はみんな同じ環境で育った似た者同士。 みんな姉妹みたいに心を許せて、それが当たり前のように、すっごく心地よい環境でした。 だから、大学に入った時、 久しぶり(小学校一年生以来)に新しい環境になり、新しい友達に会ったとき、 カルチャーショックだったこと、自分と他人の違い、自分の性質、譲れないところ などなど、今まで知らなかった自分のことを知る事になりました。 それは良い意味でも悪い意味でも。 そりゃもちろん高校までの友達だってちがうところがあって、 良くも悪くもそれを感じる場面はあったのだけれど、 大学に入って感じる他人との違いは、 それ以上の衝撃があった。 チガイを目の当たりにした時、 あー自分が今まで当たり前だと思ってた事って実は当たり前じゃなかったんだな。 自分のものさしで測っちゃだめなことって結構あるんだな。 あーこの子こーゆうことしちゃうんだ、そーゆうの平気なんだ、恥ずかしいと思わないんだ。 わたしはやらない子でよかったな。お育ちって重要なんだわ。 育ってきた環境がちーがうから~あぁ~・・ と思い、通っているときは嫌いだった自分の出身校て、すばらしかったんだな!!! あのときのあの先生が言ってたことってこーゆうことだったんだ!!! と、自分と大きくちがう人を見る事で自分のことを知れて、 自分の価値観を大切にしよう。と思った。 そして、高校までの友達もみな同じ事を言っていた。 だから、今までそこまで仲良くしてなかった子とも、 高校を卒業してからの方が仲良くなったし、絆が深くなった。 もちろん大学でもとっても素敵な大好きな友達に出会えて、 わたしは今までの人生で一番笑っていたのは大学時代だと思っています。 あんなに楽しい時代をあの子たちと過ごせて本当に本当によかったって思う。 そんなこんなで、わたしが自分について深く分析し始めたのは大学の頃からでした。 自己分析をして、自分を知って、 自分の絶対譲れないポイント 自分はこういう状態が幸せ 自分はこういう状態が不幸せ というのをまず知る事が、幸せへの第一歩だと思います。 これがわかっている人って、 軸がしっかりしていて、考えや意見をちゃんと持っていて、自分を客観視できる人。 そういう人は、問題に直面したときに、自分にとって正しい判断が出来ると思う。 自分がどうすべきかの正解を導きやすいと思うのです。 可哀想な自分にならない。 そしてやっぱりそういう人って見ていて魅力的だってわたしは思います。 自分の意見がなくて、いっつもふわふわ流されて何が幸せなんだかわかんなく見える人より。 自己分析が出来ている人って、 自分の可愛がり方が上手い人 だとも思います。 特に自分の可愛がり方が際立って上手い人って、 友達の中で思い浮かぶ子が2人ほどいるんだけど、そのうちの一人の子がいってた言葉にすごく感動したことがあった。 その子は年下の子で、10代の終わり頃に出会ったRちゃん。 その子と話していたとき、わたしが、 「この前自分のハタチの時の写真見てたんだけどさー、やっぱ若いってかわいいね!輝いてたもん、なんかわかんないけど!年とったんだなと思ったよ~ Rちゃんはいくつの時の自分が輝いてたと思うー?」 と聞いたら、 「わたしはいつも、今の自分が一番輝いてるって思う!」 と言ったのです。 「え・・何それステキ詳しく聞かせて!」   続きはまた明日…!生活や趣味、仕事に役立つ確かな情報をその道の専門家(エキスパート)が発信しています。
リコ

リコ について

湘南生まれ。結婚3年目都内在住。 とにかく人の恋路が気になって仕方ない頭の中がSEX AND THE CITYなアラサーOL。好きなものは、飲酒・恋バナ・いわゆるサブカル。恋愛絡みの学びや発見、ふつうの毎日がちょっとウキウキするような情報を発信していきたいです!

この記事のあとによく読まれています

新婚セックスレスあるある早く言いたい~ついに原因解明~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~ついに原因解明~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~夫たちの言い分とは~

新婚セックスレスあるある早く言いたい~夫たちの言い分とは~

シング・ストリート~過去には戻れないけど、未来は来る!~

シング・ストリート~過去には戻れないけど、未来は来る!~

付き合ってすぐに音信不通?こじらせと言う名の現代病【回避依存症】

付き合ってすぐに音信不通?こじらせと言う名の現代病【回避依存症】

ばらばら~開き直ったもん勝ち。惚れたもん負け。~

ばらばら~開き直ったもん勝ち。惚れたもん負け。~

くだらないの中に~心地良い距離KEEP!~

くだらないの中に~心地良い距離KEEP!~