その場で何でも調べられるスマートフォンは、若者だけでなく、高齢者の方々へも急速に浸透しています。
スマートフォンの登場以降、インターネットでお買い物(いわゆるネットショッピング、ネット通販)を一度も経験したことがない人は、反比例して少なくなっていると言えます。
いちいちPCを起動しないとできなかったネットショッピングが、出先のカフェや電車の中、トイレの中からでも、物が買えてしまう時代になったのです。
この時代流れは、「インターネットショッピングモールで国内最大の流通総額!」と謳う楽天市場も例外ではありません。
楽天市場に出店されている私のクライアント(ただいま20社弱を担当しています)の売上、アクセスなどの数字上でも、見事にスマホの数字がPCの数字を上回っています。

cardkessai

 

これだけ手軽にだいたいの物が買えてしまうからこそ、商品をネットで買うお客さん目線に立てば、ネットショッピングならではの不安があることも否めません。
「手にしたことない商品を、手にしないまま買う」ということが、有り得るからです。

どこかの店頭で見かけたもの、迷ったものをネットで購入する場合はさておき、そうでないものの場合は、買う側からしたらだいぶドキドキです。
どんな商品なのか、ページなどの写真を見て「いいなぁー」と気になりだし、「でも変なもの掴まされたらイヤだなぁ…」と迷う。
そんな買うかどうしようか迷っているときに、背中をひと押ししてくれるのが、レビューですよね。
実際に買った人の感想である『レビュー』というものは、口コミ的役割で、購入者の心を揺さぶってきます(笑)

特にAmazonは、そのレビュー機能をフル活用し、購買意欲と信頼を勝ち取ってきている印象があります。
買ったからには絶対にレビューを書かねばならぬことなどないのに、親切心で「皆に教えてあげよ!」という人が善意で記入したそのレビューは、読む人を【信用】させる不思議なチカラがあるのです。

一方、楽天市場では、これまでこのレビューを「販売手法」として利用することが主流でした。
・レビューを書いたら送料無料
・レビューを書いたらポイント10倍!
・着後レビュー記入で◯◯もプレゼント
こういうの、見たことありますよね。。
レビューを書いても、書かなくても、送料無料やポイント10倍など、その特典の恩恵を受けられるケースがほとんどでした。
さらに、楽天市場内のレビューで「まだ到着してないけど、期待を込めて★5」とか…シュールなレビューを見かけることも多々ありました。

 

review2

しかし、昨年10月後半あたりから、楽天側から出店店舗にお達しがあり、
「レビューを書くことを条件に、ただちに割引特典を付けるのは、ダメ!そういう商品あったら、取り下げるか変更して!」と
突然の大騒ぎが始まったのです(苦笑)

つまり、「商品到着後にレビューを書いてくれる(と約束してくれる)なら、今買って。今買えば、今すぐ特典(送料無料やポイント◯倍など)つけるから!」というのはダメよ、、と。
代わりに、「商品到着後にレビュー書いてくれたら、”次回利用”の特典(次回使える、送料無料クーポンなど)つけるから!」はOKと。
あぁーややこしい!(笑)

そして、2015年12月。
年末商戦で店舗運営者の皆さまは、もちろん激務。
制作会社の私たちも、もちろん激務。
そんな中、「年明けまでに、レビューを書くことを条件とした『販売時の特典付与商品』の販売を中止or修正するように!!さもなくば…」とまたまた楽天から連絡が入り、てんてこ舞いになった年末でございました。。

こうした流れから、2016年2月現在、
楽天市場内で「レビューを書いたら〜」の謳い文句で商品販売されている店舗さんは激減しています。

さて、楽天市場はどこへ向かっているのか(笑)
今さら感、否めませんが、三木谷社長が発表している通り、「クォリティー重視」で行きたいんでしょうね。
そして、きっとAmazonのように「レビューに信頼性を持たせたい」のでしょうね。はい。
…戸惑います。「何を今さら感」が強すぎて…(二度言います)

そして、1月末に楽天市場が新サービスをリリース!

巻き返したい気持ち(Amazonへの憧れ)が強すぎて、、、
しかし、これで本当にサクラのレビュー(同業他社への嫌がらせも含めて)が激減し、購入されるお客さんにとって、楽天市場のレビューが信頼に値するものになるのなら、良いのですけれど。

購入する際にレビューを事細かに確認してから買う方がすべてでないことも事実です。

が、やっぱり「レビューがゼロ」の商品と、「レビューが100件で☆3.8」の商品が、同じ商品で、同じ価格だった場合、後者のレビューが付いている店舗で購入される傾向にあることも事実。
だからやっぱり販売側にとっては、レビューは大事な販促ツールの一つと言えます。

↓ただ…結局、こういうお店が増えただけの気もします(笑)

 

何はともあれ、楽天信者ではないけど楽天に出店している大多数の店舗さんは、「また始まっちゃいましたね、三木谷さん。。」と、ニヤニヤされていることでしょう(笑)


/wp-content/uploads/2016/02/review.jpg/wp-content/uploads/2016/02/review-150x150.jpg石川豊ecサイトその場で何でも調べられるスマートフォンは、若者だけでなく、高齢者の方々へも急速に浸透しています。 スマートフォンの登場以降、インターネットでお買い物(いわゆるネットショッピング、ネット通販)を一度も経験したことがない人は、反比例して少なくなっていると言えます。 いちいちPCを起動しないとできなかったネットショッピングが、出先のカフェや電車の中、トイレの中からでも、物が買えてしまう時代になったのです。 この時代流れは、「インターネットショッピングモールで国内最大の流通総額!」と謳う楽天市場も例外ではありません。 楽天市場に出店されている私のクライアント(ただいま20社弱を担当しています)の売上、アクセスなどの数字上でも、見事にスマホの数字がPCの数字を上回っています。   これだけ手軽にだいたいの物が買えてしまうからこそ、商品をネットで買うお客さん目線に立てば、ネットショッピングならではの不安があることも否めません。 「手にしたことない商品を、手にしないまま買う」ということが、有り得るからです。 どこかの店頭で見かけたもの、迷ったものをネットで購入する場合はさておき、そうでないものの場合は、買う側からしたらだいぶドキドキです。 どんな商品なのか、ページなどの写真を見て「いいなぁー」と気になりだし、「でも変なもの掴まされたらイヤだなぁ…」と迷う。 そんな買うかどうしようか迷っているときに、背中をひと押ししてくれるのが、レビューですよね。 実際に買った人の感想である『レビュー』というものは、口コミ的役割で、購入者の心を揺さぶってきます(笑) 特にAmazonは、そのレビュー機能をフル活用し、購買意欲と信頼を勝ち取ってきている印象があります。 買ったからには絶対にレビューを書かねばならぬことなどないのに、親切心で「皆に教えてあげよ!」という人が善意で記入したそのレビューは、読む人を【信用】させる不思議なチカラがあるのです。 一方、楽天市場では、これまでこのレビューを「販売手法」として利用することが主流でした。 ・レビューを書いたら送料無料 ・レビューを書いたらポイント10倍! ・着後レビュー記入で◯◯もプレゼント こういうの、見たことありますよね。。 レビューを書いても、書かなくても、送料無料やポイント10倍など、その特典の恩恵を受けられるケースがほとんどでした。 さらに、楽天市場内のレビューで「まだ到着してないけど、期待を込めて★5」とか…シュールなレビューを見かけることも多々ありました。   しかし、昨年10月後半あたりから、楽天側から出店店舗にお達しがあり、 「レビューを書くことを条件に、ただちに割引特典を付けるのは、ダメ!そういう商品あったら、取り下げるか変更して!」と 突然の大騒ぎが始まったのです(苦笑) つまり、「商品到着後にレビューを書いてくれる(と約束してくれる)なら、今買って。今買えば、今すぐ特典(送料無料やポイント◯倍など)つけるから!」というのはダメよ、、と。 代わりに、「商品到着後にレビュー書いてくれたら、'次回利用'の特典(次回使える、送料無料クーポンなど)つけるから!」はOKと。 あぁーややこしい!(笑) そして、2015年12月。 年末商戦で店舗運営者の皆さまは、もちろん激務。 制作会社の私たちも、もちろん激務。 そんな中、「年明けまでに、レビューを書くことを条件とした『販売時の特典付与商品』の販売を中止or修正するように!!さもなくば…」とまたまた楽天から連絡が入り、てんてこ舞いになった年末でございました。。 こうした流れから、2016年2月現在、 楽天市場内で「レビューを書いたら〜」の謳い文句で商品販売されている店舗さんは激減しています。 さて、楽天市場はどこへ向かっているのか(笑) 今さら感、否めませんが、三木谷社長が発表している通り、「クォリティー重視」で行きたいんでしょうね。 そして、きっとAmazonのように「レビューに信頼性を持たせたい」のでしょうね。はい。 …戸惑います。「何を今さら感」が強すぎて…(二度言います) そして、1月末に楽天市場が新サービスをリリース! 巻き返したい気持ち(Amazonへの憧れ)が強すぎて、、、 しかし、これで本当にサクラのレビュー(同業他社への嫌がらせも含めて)が激減し、購入されるお客さんにとって、楽天市場のレビューが信頼に値するものになるのなら、良いのですけれど。 https://twitter.com/tomorin9999/status/699477756761939968 https://twitter.com/myaokoon/status/700887038631882752 購入する際にレビューを事細かに確認してから買う方がすべてでないことも事実です。 が、やっぱり「レビューがゼロ」の商品と、「レビューが100件で☆3.8」の商品が、同じ商品で、同じ価格だった場合、後者のレビューが付いている店舗で購入される傾向にあることも事実。 だからやっぱり販売側にとっては、レビューは大事な販促ツールの一つと言えます。 ↓ただ…結局、こういうお店が増えただけの気もします(笑) 【お試し1,000円】【送料無料】【レビューを書いて次回1,000円OFFクーポンプレゼント!… 【レビューを書いて次回送料無料クーポンゲット】【BETONES】 ビトーンズBUBBLE1【あ…   何はともあれ、楽天信者ではないけど楽天に出店している大多数の店舗さんは、「また始まっちゃいましたね、三木谷さん。。」と、ニヤニヤされていることでしょう(笑)生活や趣味、仕事に役立つ確かな情報をその道の専門家(エキスパート)が発信しています。
石川豊

石川豊 について

とにかく売上を上げたい!と、楽天市場などに出店される方は、多数いらっしゃいます。では、売れていくECサイトと、売れ行きが思わしくないECサイト。どこが分かれ道で、何が違うのでしょうか? 実際に、楽天の新規出店から、TOPページ制作、LP制作などを手掛ける会社に勤務し、100社以上の制作物を作ってきた専門家が勝手に判定。「外注丸投げ」や「制作会社の思う壺」から抜け出して、あなたのECサイトの売上アップ、利益率アップ改善のヒントに。

この記事のあとによく読まれています

楽天:スーパーSALE開催決定。いま一番熱いアイテムは…ズバリ、水着!

楽天:スーパーSALE開催決定。いま一番熱いアイテムは…ズバリ、水着!

楽天:お中元が狙い目!話題のふるさと納税。楽天市場の会員情報を使って寄附。

楽天:お中元が狙い目!話題のふるさと納税。楽天市場の会員情報を使って寄附。

soupstock

Soup Stock Tokyoからスープが消える「スープのない1日」まで、あと少し!

楽天:巨大地震対策。防災士が厳選した防災グッズが熱い!商品ページの画像が大事。

楽天:巨大地震対策。防災士が厳選した防災グッズが熱い!商品ページの画像が大事。

楽天:アイコスとは別物!電子タバコのEMILI正規取扱店が楽天に存在していた…!

楽天:アイコスとは別物!電子タバコのEMILI正規取扱店が楽天に存在していた…!

楽天:熊本地震の募金がスタート。楽天スーパーポイントでも募金ができるのです。

楽天:熊本地震の募金がスタート。楽天スーパーポイントでも募金ができるのです。