いつも見ているベビの顔。
「あれ?なんだか最近、赤いポツポツができてきたな。」
と思ったら要注意!
「いつか治るでしょー」
なんて思って放っておくと、あっという間に顔全体に広がります…。

うちの子ざるちゃんは、生後1ヶ月の終り頃と、4~5ヶ月頃に乳児湿疹になりました。

生後1ヶ月の終り頃は、まだそこまで外出もしてなくて、
「そもそも病院にどうやって連れてくの!?」
っていう状態だったので、できるだけ自力で治す方法が無いかと思って、ネットで対策やケア方法を調べまくったり、先輩ママさんに聞いたりしました。

生後一か月後半の乳児湿疹画像
生後1ヶ月終り頃の乳児湿疹

こんな感じで、顔の頬やおでこに小さいニキビっぽいポツポツがたくさんできてました。
顔を擦ったり、引っ掻いたりすることはなかったので、痒みはなかった模様。
とにかく清潔を保つために、まずは授乳の度に絞ったガーゼで顔を拭くことからスタート。ただ、ガーゼで拭くだけだと乾燥しちゃうので(そこは大人と一緒!)、拭いたあとはしっかり保湿。初めのうちは、赤ちゃん用のワセリンを使っていたんだけど、なんか保湿力が頼りなく感じたので、「ランシノー」っていう保湿クリームに変更。

これは、子ざるちゃんが生まれた直後に、慣れない授乳で乳首が痛かった時に塗っていたクリーム。ベッタベタになるけど、保湿力は抜群!ちょっとお値段はお高めだけど、ほんの少し手に取ってしっかり伸ばせばOKだから、なかなか減りません!

保湿クリームをランシノーに変えてからは、良くなったり悪くなったりを繰り返して、1週間ぐらいでキレイになりました^^

そして厄介だったのが、4~5ヶ月頃の乳児湿疹。

前回と同様に、清潔を心がけて、ランシノーでしっかり保湿をしていたんだけど、全然治らない!…治らないどころか、爪で引っ掻いちゃって血がっっっ!!!

4~5ヶ月頃の乳児湿疹画像
生後4~5ヶ月頃の乳児湿疹。痛々しい!

今回は痒みが強かったようで、しょっちゅう顔を擦ったり引っ掻いたり…。
毎日のように爪を切ったりヤスリでスリスリしたりしたんだけど、それでも引っ掻く!
ミトンも検討したんだけど…、この頃の子ざるちゃんは常に指やこぶしをしゃぶってて、特に寝るときは指しゃぶりが無いと眠れなかったので、ミトンは諦めました。
さすがに痒みがあって、引っ掻き続けるのはまずいと思って、今回は薬を処方してもらおうと思って小児科へ。

最初に処方されたのは、「亜鉛華(10%)単軟膏シエオ」と「白色ワセリン」を半々の割合で混ぜた塗り薬。
「これで治りが悪かったら、もう一段階強い薬を出します」
と言われました。
一週間ぐらい様子を見たんだけど、劇的に良くなっている様子が全く見られなかったので、再度小児科に行って、その「もう一段階強い薬」を出してもらいました。

2回目に処方されたのは、「ビトラ軟膏0.1%」と「白色ワセリン」を1:2の割合で混ぜた塗り薬。
ちなみに、「ビトラ軟膏0.1%」はステロイドです。
「ステロイド」ってちょっと怖いイメージがあるけど、使い方を誤らなければ凄く良い薬とのこと。
その言葉通り、ステロイドを塗り始めてから1日半で、子ざるちゃんのポツポツはキレイに治りました!

「乳児湿疹」って、一括りにされちゃうけど、どうやら種類があるみたいですね。
種類によって対策やケアの方法は違うと思うので、ある程度自分でやってみてもなかなか治らないようなら、小児科(または皮膚科)に行ってお薬を処方してもらった方が良いと思います。


/wp-content/uploads/2016/09/IMG_3348.jpg/wp-content/uploads/2016/09/IMG_3348-150x150.jpgママざる新米ママの子育ていつも見ているベビの顔。 「あれ?なんだか最近、赤いポツポツができてきたな。」 と思ったら要注意! 「いつか治るでしょー」 なんて思って放っておくと、あっという間に顔全体に広がります…。 うちの子ざるちゃんは、生後1ヶ月の終り頃と、4~5ヶ月頃に乳児湿疹になりました。 生後1ヶ月の終り頃は、まだそこまで外出もしてなくて、 「そもそも病院にどうやって連れてくの!?」 っていう状態だったので、できるだけ自力で治す方法が無いかと思って、ネットで対策やケア方法を調べまくったり、先輩ママさんに聞いたりしました。 こんな感じで、顔の頬やおでこに小さいニキビっぽいポツポツがたくさんできてました。 顔を擦ったり、引っ掻いたりすることはなかったので、痒みはなかった模様。 とにかく清潔を保つために、まずは授乳の度に絞ったガーゼで顔を拭くことからスタート。ただ、ガーゼで拭くだけだと乾燥しちゃうので(そこは大人と一緒!)、拭いたあとはしっかり保湿。初めのうちは、赤ちゃん用のワセリンを使っていたんだけど、なんか保湿力が頼りなく感じたので、「ランシノー」っていう保湿クリームに変更。 カネソン ランシノー 10g×2本【楽天24】 これは、子ざるちゃんが生まれた直後に、慣れない授乳で乳首が痛かった時に塗っていたクリーム。ベッタベタになるけど、保湿力は抜群!ちょっとお値段はお高めだけど、ほんの少し手に取ってしっかり伸ばせばOKだから、なかなか減りません! 保湿クリームをランシノーに変えてからは、良くなったり悪くなったりを繰り返して、1週間ぐらいでキレイになりました^^ そして厄介だったのが、4~5ヶ月頃の乳児湿疹。 前回と同様に、清潔を心がけて、ランシノーでしっかり保湿をしていたんだけど、全然治らない!…治らないどころか、爪で引っ掻いちゃって血がっっっ!!! 今回は痒みが強かったようで、しょっちゅう顔を擦ったり引っ掻いたり…。 毎日のように爪を切ったりヤスリでスリスリしたりしたんだけど、それでも引っ掻く! ミトンも検討したんだけど…、この頃の子ざるちゃんは常に指やこぶしをしゃぶってて、特に寝るときは指しゃぶりが無いと眠れなかったので、ミトンは諦めました。 さすがに痒みがあって、引っ掻き続けるのはまずいと思って、今回は薬を処方してもらおうと思って小児科へ。 最初に処方されたのは、「亜鉛華(10%)単軟膏シエオ」と「白色ワセリン」を半々の割合で混ぜた塗り薬。 「これで治りが悪かったら、もう一段階強い薬を出します」 と言われました。 一週間ぐらい様子を見たんだけど、劇的に良くなっている様子が全く見られなかったので、再度小児科に行って、その「もう一段階強い薬」を出してもらいました。 2回目に処方されたのは、「ビトラ軟膏0.1%」と「白色ワセリン」を1:2の割合で混ぜた塗り薬。 ちなみに、「ビトラ軟膏0.1%」はステロイドです。 「ステロイド」ってちょっと怖いイメージがあるけど、使い方を誤らなければ凄く良い薬とのこと。 その言葉通り、ステロイドを塗り始めてから1日半で、子ざるちゃんのポツポツはキレイに治りました! 「乳児湿疹」って、一括りにされちゃうけど、どうやら種類があるみたいですね。 種類によって対策やケアの方法は違うと思うので、ある程度自分でやってみてもなかなか治らないようなら、小児科(または皮膚科)に行ってお薬を処方してもらった方が良いと思います。生活や趣味、仕事に役立つ確かな情報をその道の専門家(エキスパート)が発信しています。

ママざる について

結婚3年目にして遂に妊娠発覚!晩婚、高齢妊娠を経て、2016年2月に待望のベビ「子ざるちゃん」誕生!アラフォーの育児は「大変!」の連続。そんな頑張るアラフォーママ、プレママたちの役に立ちそうな情報(+たまに泣き言)を発信していきたいと思います。

この記事のあとによく読まれています

ルカコ画像

かさばる抱っこ紐エルゴ。収納カバー「ルカコ」が大活躍!

マタニティマークはつける?つけない?

マタニティマークはつける?つけない?

赤ちゃんがミルクを飲まない?哺乳瓶の乳首のサイズをチェック!

赤ちゃんがミルクを飲まない?哺乳瓶の乳首のサイズをチェック!

赤ちゃんの鼻吸い器、綿棒、ピンセット画像

病院へ行くべき?新生児の赤ちゃんの鼻づまり

お風呂のおもちゃ画像

新生児の赤ちゃんの沐浴。腰を痛めないようにするためには…

抱っこ紐エルゴ画像

大人気抱っこ紐「エルゴ」。実はネット通販で買った方が安い!